上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCF0408.jpg

到着!
仮面ライダーアギトシリーズ、メイン3ライダーの一人、「アギトになれなかった男」氷川誠の装着する対アンノウン用戦術ユニット「G3-X
今回はその魅惑の肢体を撮り尽くしましたので、ご紹介したいと思います。
DSCF0409.jpg DSCF0410.jpg DSCF0411.jpg

まずはこの仕上がりのキメ細かさ。
S.H.フィギュアーツの真骨頂ともいえるであろう「出来栄え」は、G3-X、G4共にシリーズ最高と言っても過言ではない仕上がり。
強いてつっこむなら「この手の玩具は何故スミ入れをしないのか」といったところでしょうか。細部の「オモチャ感」がどうしても抜け切れません。

まあ、そこがフィギュアの魅力、とも言えるんですが。スミとか造型気になる人は改造してくださいってことですね。
こちらのブログでWのアンテナ改造をしている記事がありました。

こんな技量持ち合わせていないんで僕んちのメイン3フォームはそのままですが、こういうことをしてみるのも面白いかもしれません。

で、G3-Xですが、魂ウェブのHPやAmazonなど、公式プレビュー画像よりも濃い目のメタリックブルーになっています。
パッケージ裏もややスカイブルーがかっていますが、原作はもっともっと青いんです。(参考画像:東映)

フィギュアーツの彩色は、劇中よりもやや薄めのものがほとんどです。まあ、見栄えを考慮したうえなんでしょう。
それでも可動域、ディテールの細かさがなによりなので、文句はありません!

ちなみに背面にはケルベロスのカートリッジが2基備わっています。
はずれるのかな?とおもってグニグニやってみたら「ミシペキッ」って言ったのでやめました。


DSCF0412.jpg DSCF0416.jpg

つい先ほど可動域の話をしましたが、G3-X、G4についてはこの可動域がやたら狭い。
それこそが、「人工」ライダーの魅力を発揮していると思います。
先日発売された「S.H.Figuarts 仮面ライダーイクサ」は、「さらに開発された強化ユニット」感を感じられる可動域の広さを持っています。
それ故、G3-X、G4のなんとも重い動きを見ると、「生態系ライダー」からはかけ離れた存在感を感じますね。
僕はこういう玩具が大好きです。

ユニコーンを振らせた画像なんかは特に。これいじょう右足を後ろに回すことができず、ガチガチした感じになりました。結果オーライ・・・?

DSCF0417.jpg


DSCF0419.jpg DSCF0420.jpg DSCF0421.jpg

ケルベロス装着。
劇中に登場したなんとも安っぽい大活躍武器。その存在感もなんだか細くて中途半端です。
装備させないほうがよかった(言いすぎ


DSCF0422.jpg

ついでにこのシーンを。
何話だっけな。V1システムとの対決中に暴走したG3-Xが、公園でアンノウンを撃破した後、翔一に銃口を向けるシーン。
「ひ、氷川さん・・・?」

アギトの足が細くてダサいです。
アナザーとギルスは太めでかっこいいのに。


DSCF0431.jpg

自分より強い者に勝てない氷川主任。
こんなシーンあったっけ?



DSCF0433.jpg

これでようやく4ライダーが出揃いましたね。
9月に発売されるG3はたぶん買いません。何故って聞かれもしないだろうけど僕G3はあんまり好きじゃないので。ただそれだけ。

ファングジョーカーはもう手に入れられませんでした。
これから高騰してくるので、再版を待ちます。




余談。
あみあみで2340円。残り7つの表記に釣られクマーして送料500円+代引き手数料200円。
昨日ジョーシン行ったら2680円で店頭並んでました。




DVC00017.jpg








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。